難聴や耳鳴り問題|補聴器や専門病院での治療で改善を試みる

医師

子どもの補聴器

ナース

難聴の子どもの発育を促すために

補聴器を求めている層は高齢者だけではなく、難聴を抱えている子ども達もあてはまります。こうした子どもは高い域にある周波を耳でキャッチしにくい状況にありますので、それをしっかり拾ってくれるものを探さなくてはなりません。低い周波の音だけが聞き取れるだけでは満足の行く環境が整えられませんので、販売店では必ず相談してみるようにして下さい。補聴器の中にもグレードのようなものが存在しており、特定の周波しか受け付けられないようなものから、非常に音の吸収が良いものまで様々です。

水やホコリを寄せ付けない耐久度の高い製品

補聴器選びに工夫をする事で、非常に便利な製品を選ぶ事が可能です。まず、雨の日に外で使用するケースがある場合には、販売店にもある防水機能を備えてある商品を選べば安心出来ます。補聴器を掛けているから外で遊べない・スポーツが出来ないと言う事ではなく、そうした心配を一切しなくても良いものを選ぶ事も1つの改善になります。防水にして得をするのは雨だけではありません、汗をかいたり水はねが起きた時でも機器を劣化させないで済みます。特に運動を活発に行うような、動き回る子どもさんには最適です。こうした耐久性を考慮した製品は販売店でも多く取り揃えられており、防塵等のホコリを寄せ付けないタイプも売られています。価格と相談しながら、自分の子どもに合わせた丈夫さを持つものを販売店で購入しましょう。