難聴や耳鳴り問題|補聴器や専門病院での治療で改善を試みる

医師

フィット感が大事

マスクと体温計

我々が健康かつ快適に生活するためには、音を聞き分けることは必要です。しかし病気や老化が原因で耳が正常に機能しないこともあります。違和感をおぼえたらすぐに耳鼻科を受診して検査してもいましょう。診察の結果補聴器が必要と判断されたら、販売店で購入すると良いでしょう。

来店したらまず、専門スタッフによるカウンセリングを受けながら補聴器を選んでいきましょう。補聴器といっても様々なタイプが販売店にはあります。自分の聴覚に合う商品を選ぶには、自分だけの判断では難しいのでスタッフと相談して購入するようにしましょう。店内で聴覚を検査することができます。耳鼻科での検査結果を持っていくと、補聴器を選ぶ時に役立つので携帯しておきましょう。測定の結果、合う補聴器の候補を見つけていきます。形や大きさが豊富なので、フィッティングしながら決めていくと良いでしょう。耳との間に隙間があっては音が正確に聞き分けることができません。圧迫感を感じない自然なフィット感の補聴器を購入しましょう。色は肌に馴染む自然なカラーが豊富ですが、メーカーによって差があるので、鏡で確認しながら選ぶと良いでしょう。人気商品を販売店のスタッフに問い合わせてみるものオススメです。

気に入った商品があったら、貸出のサービスを行なっているか確認してみましょう。実際に使うことを想定して試すことは大事です。また、一人で着脱可能か確認しながら音の調整も確認していきましょう。不備がないことが確認されたら販売店で購入しましょう。